毎度おなじみのJRA外国人騎手の中では天下一品ベテランジョッキーのルメール騎手が単勝1番人気で騎乗しファンの期待に応えられず人気を裏切った残念な馬たちベスト3を上げてみました。

僕の個人的な主観です、ご了承ください。

馬も騎手も全力でレースに臨んでいるので恨んだりはしていませんよ~

それではこちら!




上記の3頭は本来実力があるのになぜか凡走してしまう癖がありす。

レース結果が馬場コンディションに影響したことで着外する馬は本当に強いのでしょうか疑問に思いますよね?

過去のレースを振り返って見ると重馬場も関係なく勝ってしまうキタサンブラックはやっぱり名馬ですよね右回り・左回りも関係なく前で競馬をすれば逃げ切り勝ち、後ろから競馬をすれば追い込んで最後は勝つ!

本当に強い馬は自在性がありどっからでも競馬をできることが最大の特徴ではないかと僕は思っています。

本日も最後までご覧いただきありがとうございます。

只今ランキングに参加中!
↓ ↓

皆様からの応援お待ちしております。

スポンサーサイト