本日、うまなみ競馬予想チャンネルさんの動画配信で桜花賞2021中間予想と考察が最新でアップされていましたね。
 
 


僕はいつもこの中間予想考察の内容を元に自分の競馬予想を組み立てる参考材料にしています。

う~ん、やはり毎年のように桜花賞の馬券内に絡むのはチューリップ賞に出走した馬かぁ~確かに納得がいきます。

枠順でいうと1枠絡みの連対は最近ではないけど、実は僕ですが過去に1枠の馬から桜花賞を的中したことがあるんですよ。

忘れもしないあの日は1994年4月10日過去の桜花賞になるけど確か第54回だったかも!?

その日、僕は自宅の駐車場でマイカーのカーステレオを取り付けてながらカーテレビでレースを観戦していた記憶があります。

1枠に入った武が騎乗したオグリローマンが勝ちました、当時は馬連の時代だった。


◎1着オグリローマン
△ツインクルブライド

二頭の馬連で万馬券を的中しました。

オグリローマンの前走はチューリップ賞に出走していた、でもその時に開催されていた競馬場って中京競馬場だったんですよね。

★1994年3月12日 

★第1回チューリップ賞(G3)のオグリローマンに騎乗していた田原成貴でした。懐かしいですよね!

今年2021年、チューリップ賞組から桜花賞へ参戦する有力候補となる馬はメイケイーエールですかね!?

最終結論は週末まであれこれと悩んで予想を楽しみたいと思っています。

本日も最後までご覧いいただきありがとうございました。


只今ランキングに参加中!
↓↓

皆様からの応援お待ちしております。


関連記事
スポンサーサイト